口コミで人気のオルニチンサプリをガイド

レバーとしじみの鉄分量

ここではしじみ鉄分についてスポットを当ててみたいと思います。
しじみには鉄が多く含まれていますが、もっと多く含まれるのはレバーです。
豚や鶏のレバーにはしじみの2倍以上の鉄分が含まれています。

両者ともヘム鉄と呼ばれる吸収率の高い種類の鉄です。
単独でもしっかりと吸収されるので、食べ合わせに気を遣う必要はありません。
また、亜鉛も含まれています。

体の中で鉄を効率良く利用するために必要なミネラルです。
つまり、レバーもしじみも単独で効率良く鉄を使用できる、そんな優秀な食品といえます。
鉄は1度に体内に蓄積できる量に限りがあります。

例えばレバーたっぷりの食事をとったとしても、そこに含まれる鉄を全て利用出来ないのです。
翌日も同じように摂らなければ意味がないのです。
毎日コツコツと必要量を摂取する必要があります。

レバーは鉄を摂取するには優秀な食材といえますが、毎日摂ることが難しいです。
味に特徴があるので、他の料理との相性にも限りがあります。
レバーが苦手だという人も多いです。

食べやすいようにペーストにするなどの工夫も可能ですが、毎日となるとその負担も大きくなります。
長くつづけるにはデメリットとなるでしょう。
その点しじみは摂り入れやすい食材といえます。

味にはクセがありませんので、苦手だという人も少ないです。
貝のままが苦手ならばエキスにしてしまえば問題ありません。
煮出すことで簡単にエキスにすることが出来ます。
レバーのペーストよりも手間がかからず、様々な料理に利用する事が出来ます。

また味にクセが無い分、他の調味料を混ぜてしまえばしじみのエキスの存在も気にならないでしょう。
鉄分が多い食材といえばレバーは有名ですが、このような理由からレバーで摂ることよりもしじみから摂ることの方がメリットも多くなっています。
日々の食卓にしじみ料理、もしくはしじみエキスの入った料理を用意し、効率良く鉄分を補給してゆきましょう。

トップへ戻る