口コミで人気のオルニチンサプリをガイド

にきびにしじみは効くの?

しじみはオルニチンの肝臓への働きかけが有名なため、サラリーマンを代表とするいわゆる「おじさん」向けの食品と思われがちです。
しかしニキビに悩んでいる人にもおすすめの食品なのです。
ニキビ肌は過剰な皮脂の分泌や炎症などが原因で角質が厚くなることがあります。

角質が厚くなると皮脂がつまり角栓が出来やすくなり、そしてまた炎症を起こすということを繰り返します。
肌表面も固くなります。
そこで固くなった肌表面を柔らかくし、古くなった角質を除去することが必要になります。

ピーリングなどの外からの刺激で行うことも出来ますが、しじみなら体の中から行うことが出来ます。
それはオルニチンの細胞を活性化させる働きです。
これによってターンオーバーという肌の生まれ変わるサイクルが正常化されます。

新しい角質によって肌表面が柔らかくなるので不要な皮脂も洗顔で洗い流しやすくなります。
そして古い角質がはがれやすくなります。
その結果、毛穴の詰まらない清潔な肌へと近づけることが出来るのです。

しじみに含まれるビタミンB2もニキビ肌に効果的に働きます。
ビタミンB2には皮脂の代謝を促進する働きがあります。
過剰に分泌されている皮脂をコントロールしてくれるのです。

不足すれば逆にニキビの原因ともなる成分です。
特にニキビが改善するまでは毎日しっかりと摂取した方が良いです。
また、しじみの豊富なアミノ酸は肌の潤いの素になる成分です。

実はニキビの原因が肌の乾燥ということがあります。
潤い不足になっているならば、天然保湿因子となって十分な潤いを与えてくれます。
また、炎症などで荒れてしまった肌を守るためにもアミノ酸が必要になります。

このようにしじみにはニキビ肌を改善に導く成分が多く含まれています。
ニキビの原因は多くあるので全ての人が改善出来るとは言い切れませんが、美肌になるための要素は多くあります。
改善方法の一つとして取り組むことがよいでしょう。
そしてニキビが改善したあとも、しじみを摂る習慣はやめないでください。
ニキビが出来にくく、潤いに包まれた綺麗な肌になれるからです。

トップへ戻る