口コミで人気のオルニチンサプリをガイド

オルニチンサイクルとオルニチンの関係

最近、よく耳にするオルニチン(略称:orn)は、しじみに含まれている肝機能を高める効果のある成分として注目されています。

アミノ酸の一種で、アミノ酸はたんぱく質で構成されています。
オルニチンに関してはアミノ酸でも「遊離アミノ酸」といって体の中を血液に交じり巡回する性質を持ち合わせています。
体内を巡るオルニチンは各臓器を正常に機能させるよう作用する働きを有しています。

なかでも肝臓への働きかけが高く、解毒作用に効果をもたらします。
アンモニアなどの有害物質の解毒作用を含め分解していくことを「オルニチンサイクル」と呼ばれています。
日々肝臓には血液にのせられ栄養素以外にもアンモニアなどの有害物質も送られてきます。
このオルニチンサイクルによって無毒な尿素に変換されるのです。

オルニチンサイクルが正常に機能していないと解毒できずに身体に残存してしまいます。
残存する事で、身体には大きな負担となりあらゆる疾患を招くきっかけに繋がってしまいます。
しっかりオルニチンサイクルを機能させるためにも、活性化させ常に正常な状態を保つ必要があります。
活性化させるためには積極的にオルニチンを摂取していくことがポイントとなります。
非必須アミノ酸のオルニチンは身体の中でも生成されますが、それだけでは足りないため意識的にオルニチンを摂取していくことがポイントとなります。

オルニチンはシジミなど日々の食材から摂取することも出来ますしサプリメントなどからも効率的に摂取する事も可能です。
しかし一日に必要なオルニチン摂取量は400~1000mgといわれています。
それだけの量を食事だけで摂取することは難しく、サプリメントなどで効率的に摂取していくことが望ましといわれています。

トップへ戻る