口コミで人気のオルニチンサプリをガイド

しじみの栄養価ってどうなの?

しじみの身は小さなものですが、その中には様々な栄養素が詰まっています。
その100gあたりの主な栄養価は以下の通りです。
エネルギー   51cal
炭水化物 4.3g
タンパク質   5.6g
カルシウム 130mg
ビタミンB1 0.03bg
ビタミンB2 0.25mg
ビタミンB12 62.4mcg
ビタミンE 1.6mg
鉄 5.3mg
リン      86mg
亜鉛 2.1mg
コレステロール 78mg

同じような貝でもあさりと比較すると亜鉛が多いという特徴があります。
成人女性に必要な鉄分は一日あたり約10mgです。
しじみの身が1つ5gと考えると、一日40個のしじみを食べる必要があります。

これだけで一日分を毎日摂るとなると大変ですが、一日の食事に少しでも摂りいれれば、それが大きな助けとなります。
貧血の主な症状に動悸、息切れや眩暈、倦怠感などがあります。
また、妊娠中は多くの血液を胎児に送り続けます。

つまり多くの血液が必要になるわけです。
そのため貧血になりやすいので注意が必要です。
特に貧血になりやすい人と妊婦は、あさりでなくしじみを選ぶようにすると良いでしょう。

また牡蠣をはじめ、貝類には亜鉛を比較的多く含むものが多いです。
しじみがそのなかで群を抜いて多いというわけではありませんが、欠乏するとこれも貧血を引き起こす原因となります。
やはり女性は毎日しっかり摂っておきたいものです。

過剰摂取は急性中毒の危険がありますが、通常の食事ならその心配もありません。
そして、しじみといえばオルニチンが有名ですが、これはアミノ酸の一種です。
上記の表ではわかりませんがタンパク質の中に含まれています。

他の食品と比べても圧倒的に多く含んでいます。
オルニチンを手軽に多く摂るならば、しじみが一番効率良いといえます。
しじみは他にもビタミンB群を多く含んでいます。

カロリーは低く、旨み成分が多い、そしてビタミン・ミネラルが豊富な食材です。
食材としての価格も手ごろです。
しかし一定量を確実に摂取するならば、健康食品やサプリメントなどをベースに摂取するほうが確実かもしれません。
食材との併用が確実かつ好ましい方法といえるでしょう。

トップへ戻る